気になる事を思い出しました

最近、ブラジルのリオデジャネイロという都市で、世界最大のスポーツの祭典が行われていますね。俗に言う、リオ五輪ですが。
陸上競技を見てて「ユニフォームが、昔のとかなり変わってきてるなぁ」と思います。
今の主流のタイプは、全身にピタッと張り付くような感じですね。
僕はスポーツインストラクターなので、そんな感じの服をよく着ます。「コンプレッション」と呼ばれる、スポーツ用の機能性下着です。
筋肉は、適度な圧力をかけるとパフォーマンスが向上します。バスケットボール選手がユニフォームの下に穿いている「パワータイツ」は、その代表です。
高校生までは、上半身のコンプレッションは着用禁止です。「理由はパフォーマンスが上がるから」です。それほど効果的だということですね。
で、この類の服は「サイヤ人が戦闘用のプロテクターの下に着用していた、アレがヒントになっているのではなかろうか!?」と思っています。
ベジータが青のコンプレッション、ナッパが黒のコンプレッションで地球に来ましたよね。ナメック星では、クリリンと悟飯もベジータからもらって着てました。
アレですよ。多分アレを参考にスポーツ用品メーカーが作ってるんです。
鳥山明先生は、偉大ですね。肝パワーには濃縮にんにくパワーで元気が手に入ります