感謝の言葉はどこから出てくるのか

私は普通の一市民です。普通に知り合いがいて普通に話して、日常生活を送っています。時にどうしてだろうと思う人の振る舞いや行動に出会うことがあります。私にとって不思議でも、相手にとってはそれを意識さえもしないそういう相手の行動です。些細なことと言えば些細なことかもしれないのですが、結構そういう些細なことが尾を引くことがあるのです。私にとってそれは私が一生懸命のやったことに対して、相手が「ありがとう」の一言も言わない、そんな時です。何かを頼まれて手渡したその時にはありがとうという言葉が聞けそうですが、そうでない人がいるわけです。私はとっさに言葉に出ないタイプなので「あれ?」と不思議な気持ちでその場を去るのですが、だんだんその不快感が増幅されていくのです。ああ、彼は私にしてもらうことは当然だと思っていたから、感謝の言葉も出なかったんだなとか、人に甘えて当然という生き方をしてきたんじゃないだろうかなど、マイナスな思いが湧いてきます。このことは私に置き換えて考えれば、相手に対する感謝を表現しないということは、よくないことだと思えてきます。不快感を長いこと相手に感じさせるのですから。うまく、いいタイミングで相手に伝えればよいのですが、こういうことはなかなか難しいものです。塗るだけで簡単にイメージアップができます